ハイブリッドカーに代表される燃費が良いクルマは、エコカーと呼ばれます。エコカーというのは、地球環境に優しいクルマということですが、なぜハイブリッドカーがエコカーと呼ばれるのでしょうか。それは排出ガスと関連があります。ハイブリッドカーはガソリンを燃焼させる量が少なくてすむので、当然排出されるガスの量も少なくなります。この排出ガスの主な成分は地球温暖化に影響があると言われるCO2です。そのためにCO2の排出が少ないクルマは地球環境に優しいエコカーとなるわけです。


 

経済性の高さばかりに目が行きがちですが、同時に地球にも優しいクルマであることから、それを理由にハイブリッドカーを選択する人も少なくありません。アメリカのセレブの中には、ハイブリッドカーをステータスとして所有している人も少なくありません。さらに電気自動車や水素カーは排出ガスがありませんので、究極にエコカーになります。また、第三のエコカーとして注目されているがクリーンディーゼルエンジンです。古いディーゼルエンジンは排気ガス問題で首都圏を中心に乗ることができませんが、クリーンディーゼルは高性能フィルターを装備することで、この問題をクリアしています。そして、逆に現在はエコカーの一つとして理解されるようになっています。